カードローン

郵送物なしで利用できるカードローンまとめ!おすすめの消費者金融・銀行を紹介します

郵送物なしのカードローン

「カードローンを利用したいけど、家族にバレたくない」
「郵送物が届かないカードローンはないのかな?」

カードローンはお金に困った時便利ですが、借金を誰にも知られたくない方は多いでしょう。
特に同居している家族にバレた場合、平穏な生活に大きな亀裂が入ってしまう可能性も。

この記事では、郵送物が届かないカードを利用する方法について網羅的に解説します。

  • 郵送物なしのカードローンに申し込む方法
  • 郵送物が届かないおすすめのカードローン
  • 郵送物なしカードローンを利用する注意点
  • 消費者金融の郵送物に関する安全性について

郵送物なしでカードローンを利用したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

郵送物なしでカードローンを利用する方法

郵送物なしカードローンカードローン会社からの郵送物をなくすには、以下のような工夫をする必要があります。

それぞれの詳しい内容について、しっかり確認しておきましょう。

自動契約機でローンカードを発行する

通常カードローンを契約すると、借り入れをするためのローンカードが自宅へ届きます。

しかし自動契約機を使った場合は、その場でローンカードや契約書類の発行が可能です。

また備え付けてある電話機を利用すれば、オペレーターとやり取りをすることもできます。
何でも質問できるので、契約に関して不安がある方にとっては心強い方法でしょう。

Web完結型のカードローンを選ぶ

全ての手続きがWebで完結するカードローンを選べば、郵送物が届かない形で契約できます。

「Web完結」と「Web申し込み」では意味合いが異なるので、混同しないよう要注意です。

郵送物なしにこだわるなら、「Web完結が可能であること」が明記されているか事前に確認しましょう。

カードレスローンの契約をする

前提として、一般的にカードレス形式を選ぶことができる金融業者が多いです。
カードレスで契約すれば、ローンカードが自宅に郵送される心配はいりません。

多くの場合はスマホアプリでの借り入れが可能となっており、ローンカードの役割を果たしてくれます。

余計なカードが増えないので、紛失や破損のリスクが少なくなる点もメリットでしょう。

柔軟に対応してくれる業者を選ぶ

利用者の要望に合わせて融通を利かせてくれる金融業者もあります。
そのような業者を選ぶことで、様々な場面において家族へバレずに借入が可能です。

例えば相談すると送り先を別の場所に変更してもらえるケースもあります。

特に銀行系より消費者金融の方が、柔軟に対応してくれる傾向にあるでしょう。

郵送物なしで借入するなら消費者金融がおすすめ!

郵送物なしでカードローンを利用するなら、消費者金融の利用がおすすめです。

以下では、郵送物なしで利用できるカードローン会社を並べました。

銀行系は自動契約機のシステムがあまり普及しておらず、郵送のケースが多い傾向にあります。

特にこだわりがない方は、消費者金融での借り入れを検討しましょう。

【アイフル】即日融資も可能

(出典:アイフル公式HP

アイフルでは、自動契約機を使ってローンカード・契約書の受け取りが可能です。
またWeb申し込みにおいてカードレス契約を選択すれば、自宅に届くことはありません。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査期間最短30分
融資スピード最短60分
無利息期間最大30日間
Web完結
カードレス契約
担保・連帯保証×
スマホATM取引

カードレスで利用する際、借入や返済はセブン銀行・ローソン銀行で取引できます。
コンビニに対応しており便利ですが、以下の手数料がかかるので注意しましょう。

  • 1万円以下:110円
  • 1万円以上:220円

自動契約機で受け取った場合は、アイフルATMを手数料無料で利用可能です。

またアイフルでは在籍確認の電話を行わないので、職場への連絡を避けたい方にもおすすめのカードローンでしょう。

\WEB申し込みなら最短25分で完了/
アイフル
に申し込む

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

【プロミス】他社より金利が低い

(出典:プロミス公式HP

プロミスには自動契約機があるため、利用することによって自宅への郵送を回避できます。
またWeb完結で契約する際「カード不要」を指定すれば、カードレスで利用可能です。

金利4.5~17.8%
利用限度額500万円
審査期間最短25分
融資スピード最短25分
無利息期間最大30日間
Web完結
カードレス契約
担保・連帯保証×
スマホATM取引

ただしカードなしでWeb完結すると、スマホATM以外のATMは利用できないので注意しましょう。

自動契約機で発行した場合は利用できますが、提携ATMだと以下の手数料がかかります。

  • 1万円以下:110円
  • 1万円以上:220円

※プロミスATM・三井住友銀行ATMは手数料無料です。

プロミスは上限金利が17.8%と他社より低いので、支払総額を抑えたい方におすすめです。

\自宅への郵送物なし/
プロミス
に申し込む

プロミス公式サイト
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

【SMBCモビット】WEB完結なら電話連絡なし

SMBCのLP
(出典:SMBCモビットの公式HP)

SMBCモビットで郵送物なしにする方法は、WEB完結か三井住友銀行内の契約機で申し込む2通りあります。
※ローン契約機へは「顔写真付き本人確認書類」を持参しましょう。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査期間最短30分
※曜日・時間帯により翌日以降の場合もあり
融資スピード最短60分
※曜日・時間帯により翌日以降の場合もあり
無利息期間なし
Web完結
カードレス契約
担保・連帯保証×
スマホATM取引

Webから申し込むには、以下の条件を満たしている必要があるので注意しましょう。

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座がある
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

またSMBCモビットでWeb申し込みすれば、郵送物だけでなく電話連絡もありません

家族に限らず会社の人にもバレたくない方にピッタリのカードローン会社でしょう。

\ここから申し込みで郵送物なし/
SMBCモビット
に申し込む

SMBCモビット公式サイト
https://www.mobit.ne.jp/index.html

【レイクALSA】無利息期間が180日と長い

レイクアルサのLP
(出典:レイクアルサの公式HP)

レイクALSAには自動契約機があり、Web完結型のカードレス契約にも対応しています。

金利4.5~18.0%
利用限度額500万円
審査期間最短15秒
融資スピード最短60分
無利息期間最大180日間
Web完結
カードレス契約
担保・連帯保証×
スマホATM取引

Web完結で郵送物をなくしたい方は、契約の際に以下いずれかを選択しましょう。

  • スマート本人確認
  • 口座登録での本人確認

口座登録を選択する場合は、「Web自動引き落としサービス(口座振替)」の登録が必要です。

金融機関の中には、インターネットの口座振替に対応してないところもあるので注意しましょう。

【アコム】初めてでも安心

アコムのLP
(出典:アコムの公式HP)

アコムも自動契約機があるので、現地で契約を済ませれば自宅への郵送物をなしにできます。

金利3.0~18.0%
利用限度額800万円
審査期間最短30分
融資スピード最短60分
無利息期間最大30日間
Web完結
カードレス契約×
担保・連帯保証×
スマホATM取引×

カードレスには対応していないため、カードそのものは必ず発行しなければいけません。
審査通過後は、アコムの店頭窓口や自動契約機へ足を運ぶ必要があるということです。

もし自宅付近にアコムの店舗がない場合、郵送物をなしにするのは難しいでしょう。

郵送物なしで借入できる銀行カードローン

銀行系カードローンを郵送物なしで利用するなら、以下いずれかの条件を満たす銀行を選ぶ必要があります。

  • 自動契約機がある
  • キャッシュカードで借入できる
  • ローンカードの発行がない

これらの条件に合致する、主な銀行系カードローンは以下の2つ。

※タップで詳細ページにスクロールします。

消費者金融の利用に懸念がある方は、ぜひこちらも確認してみてください。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行LP
(出典:三井住友銀行カードローン公式HP)

三井住友銀行カードローンでは、自動契約機を設置しています。
また三井住友銀行に口座がある場合は、キャッシュカードで借入することも可能です。

金利1.5~14.5%
利用限度額800万円
審査期間最短翌日
融資スピード最短翌日
無利息期間なし
Web完結×
カードレス契約
担保・連帯保証×
スマホATM取引×

銀行系カードローンの特徴として、審査にある程度時間がかかることが挙げられます。
銀行では警視庁のデータを照会しなければならないので、致し方ありません。

無事に借入できれば、消費者金融より上限金利が低いため返済しやすいと言えるでしょう。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)「ネットキャッシング」

PayPay銀行「ネットキャッシング」では、元々ローンカードを発行する仕組みが存在しません

PayPay銀行の普通預金口座への振込融資によって、お金を借りることができます。

金利1.59~18.0%
利用限度額1000万円
審査期間最短翌日
融資スピード最短翌日
無利息期間30日
Web完結×
カードレス契約
担保・連帯保証×
スマホATM取引

すでにジャパネット銀行口座を持っている方は、郵送物なしでの借入が可能です。

ただし口座開設と同時に契約する場合は、口座開設に関する書類が自宅へ届きます。
口座開設は家計の整理にも役立つため、書類だけで借入がバレる可能性は低いです。

しかし借入までに時間がかかるため、事前に口座を開設しておくことをおすすめします。

郵送物なしのカードローンを利用する時の注意点

郵送物なしでカードローンを契約した際は、以下の点に注意しましょう。

これらの注意を怠ると、思わぬタイミングで借金がバレてしまいかねません

周囲にバレたら郵送物なしで契約した意味がないので、一つずつ確認してきましょう。

職場に在籍確認の電話がある

在籍確認カードローン会社では、申請した職場に勤めているか確認する「在籍確認」が行われます。

在籍確認の電話は担当者の個人名でかかってくるため、借金がバレる可能性は低いです。

しかし察しの良い同僚が気づく恐れもあるので、「クレジットカードの電話が来た」などの言い訳を準備しておくのがおすすめ。

【詳細:カードローンの在籍確認で使える言い訳・ごまかし方は?電話連絡なしのカードローン2社

特に自営業の方は、勤務先が自宅のため、家族が電話に出てしまう危険性があります。

電話がかかってきた時のためにも、事前に対処法を考えておきましょう。

ローンカードは隠しておく

誰にもバレずに発行できても、ローンカードが見つかってしまうと元も子もありません。

カードは他人に見られない場所で保管し、隠しておきましょう。

管理に不安や面倒さを感じるのであれば、初めからカードレスで契約するのが得策です。

また同様にATMで受け取った利用明細書などの管理にも、注意を払う必要があります。
明細はWeb上で確認できるように設定変更しておくと安心でしょう。

自動契約機への出入りを見られない

隠れて契約しても、自動契約機に出入りしているところが見つかっては台無しです。
外から覗けない仕組みになっていますが、設置場所の出入りまではフォローされていません

足を運ぶ際には、家族や知人が周囲にいないか確かめる必要があります。

あえて、人通りの少ない場所にある店舗に足を運ぶのも一つの対策でしょう。

銀行口座の履歴を見られない

振込融資の受け取りやインターネットで返済をすると、その記録が口座に残ります。
万が一通帳を見られた場合は、カードローンを利用したことがバレてしまうでしょう。

多くの金融業者では、気を利かせてすぐには分からない名義を使ってくれます。
しかし入金や出金が頻繁に発生している通帳を見られると怪しまれる恐れが高いです。

カードローンで利用する口座は、家族が見ないものを使うようにしてください。

返済が滞ると郵送物が届く可能性も

返済が滞る郵送物がないタイプのカードローンは、普通に返済を続けていれば何の連絡もありません。

しかし返済が滞ると、自宅宛に督促のハガキが送られてくる恐れがあります。
これらが届いたら、すぐ家族にカードローンの利用がバレてしまうでしょう。

どうしても返済が難しい事態に陥ったら、自ら金融業者に連絡を入れてください。
返済する意思があることを伝えれば、ハガキを出さずに済ませてくれる可能性もあります。

消費者金融の郵送物は家族にバレないのでおすすめ!

本人限定受け取り消費者金融では利用者のことを考え、様々な工夫をしています。

大手消費者金融が利用者に対し郵送物を送る際、使用する差出名義人は以下の通りです。

  • アイフル:AIセンター
  • アコム:ACセンター
  • プロミス:事務センター
  • SMBCモビット:MCセンター

またローンカードを郵送する場合は、本人限定受取郵便が使われます。

家族であっても勝手に開封してはいけない郵便物なので、家族がマナーを守ればバレる確率は限りなく低いでしょう。

しっかり配慮がなされているので、消費者金融からの郵送物を極端に恐れる必要はありません

郵送物のないカードローンを有効活用しよう

消費者金融を中心として、郵送物なしでカードローンを利用する手段はいくつもあります。
有効活用することで、同居している家族にバレることなく借り入れをすることが可能です。

隠し事をするのは良くないという考え方もありますが、密かに済ませたいケースがあるのも事実です。

この記事を参考に、誰にも見つからない形での借り入れを成功させましょう。