カードローン

審査が甘いカードローンはある?おすすめの消費者金融・銀行系カードローンを紹介します

審査甘いカードローンアイキャッチ

「審査が緩いカードローンを知りたい」
「カードローンで審査落ちする人に共通点はあるの?」

カードローンに興味はあるものの、審査に通るか不安で利用に踏み切れない方も多いはずです。

そこで本記事では、審査が甘いカードローンはあるのか徹底解説していきます。

  • 審査に必ず通るカードローンはあるか
  • カードローンの共通する審査基準
  • 消費者金融・銀行系のおすすめカードローン
  • カードローンで審査落ちする理由
  • カードローンの審査に落ちないポイント
  • 闇金に手を出すべきではない理由

カードローン審査に落ちないコツも紹介するので、利用を検討している方は参考にして下さい。

Contents

審査に必ず通るカードローンはない!

結論から言って、審査なしで通る・必ず通過できるカードローンは存在しません。
日本では貸金業法第13条において、貸金業者に顧客の返済能力調査を義務付けています。

銀行や消費者金融は貸金業法を守る必要があるため、必ず審査を行っているのです。

また貸付額が50万円を超える際は源泉徴収票等の提出が必要となり、審査も厳しくなります。

ただし比較的審査に通過しやすい賃金業者を選べば、問題なく借りられる可能性が高いです。
それぞれ特徴は異なるため、自分に適した金融業者をみつけて生活に役立てましょう。

どこのカードローンにも共通する審査基準を紹介

審査基準審査基準は業者により異なるものの、以下の3つはどこも共通してみられるポイントです。

  • 個人情報:家族構成・住んでいる家の種類(賃貸/持ち家)
  • 勤務先情報:会社情報・雇用形態・勤続年収・年収
  • 信用情報:クレジットカードの利用状況・借金の情報

個人情報で高く評価がつくのは、独身・共働き・ローン払いがない持ち家に住んでいる人。
比較的返済能力が高いと判断されるため、カードローンの審査に通りやすくなります。

また公務員・正社員・勤続年数が長い・高収入の場合も、安定的とされ通過しやすいでしょう。

加えてカードローン会社では、信用情報機関に登録されている信用情報も確認します。
※CIC・JICC・KSCなど

債務整理の有無や過去の返済情報に問題がなければ、特別審査を不安がることはありません。

<大手消費者金融>おすすめのカードローン会社5選

大手消費者金融の平均審査通過率は40%前後のため、借入できる可能性が高いです。

特に大手消費者金融でおすすめのカードローンは以下の5社。

どこも即日融資に対応しているので、「今すぐお金を借りたい」方にも向いています。

【アイフル】WEB申し込みで最短25分融資が可能

金利(実質年率)3.0~18.0%
借入限度額800万円
無利息期間30日間
融資までにかかる時間最短25分
申込条件20〜69歳

アイフルは、WEB申し込みなら融資まで最短25分というスピードの早さが魅力です。

申し込み後にサポートセンターへ急いでることを伝えれば、優先で審査を進めてくれます。
Web完結できる他カードレスで借入できるため、郵送物が自宅に届くこともないです。

また初回限定で30日の無利息期間があるので、お得にお金を借りられるでしょう。

安定した継続収入があれば、アイフルの審査は通過しやすいと言えます。

\すぐお金を借りたい方はコチラ!/
アイフル
に申し込む

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

【プロミス】他社より金利を抑えられる

 (出典:プロミス公式HP

金利(実質年率)4.5~17.8%
借入限度額500万円
無利息期間30日間
融資までにかかる時間最短25分
申込条件18歳以上74歳以下
※18・19歳は収入証明書の提出が必須(高校生不可)
※収入が年金のみの方は申込できません

プロミスはSMBCグループの大手消費者金融です。
申し込みがWebで完結するため、郵送物なしでお金を借りられます。

また他社に比べ上限金利が17.8%と低いので、返済負担を抑えられるのもメリットです。

女性専用のレディースキャッシングもあるため、女性の方も気軽に申し込んでみて下さい。

\金利を抑えるならここ/
プロミス
に申し込む

プロミス公式サイト
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

【アコム】土日も即日融資が可能

アコムのLP
(出典:アコム公式HP)

金利(実質年率)3.0~18.0%
借入限度額800万円
無利息期間30日間
融資までにかかる時間最短1時間
申込条件20〜69歳

CMでもお馴染みのアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

最短30分で審査結果が出る他、土日も銀行振込に対応しています。

また全国にある自動契約機(むじんくん)で契約すれば、その場でカード発行が可能。
自宅に郵便物が届くことはないので、家族に借入を隠したい方にピッタリです。

継続した収入があればアルバイト・パート・学生・主婦も利用できるため、幅広いユーザーにおすすめでしょう。

【SMBCモビット】WEB完結なら電話連絡なし

SMBCのLP
(出典:SMBCモビット公式HP)

金利(実質年率)3.0~18.0%
借入限度額800万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短1時間
申込条件20〜74歳

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もあります。

SMBCモビットは、株式会社SMBCモビットが運営するカードローンです。

WEB完結なら書類の提出で在籍確認が完了するので、職場への電話を省略できます。
審査時間は9:00~21:00のため、即日融資希望の方は19時までに申し込みしましょう。

アルバイト・パート・派遣社員・自営業・主婦も申し込み可能と、難易度は高くありません。

新しくできたばかりで新規顧客の獲得に意欲的のため、狙い目のカードローンと言えます。

\即日融資も可/
SMBCモビット
に申し込む

SMBCモビット公式サイト
https://www.mobit.ne.jp/index.html

【レイクALSA】180日間の無利息期間がある

レイクアルサのLP
(出典:レイクアルサ公式HP)

金利(実質年率)4.5~18.0%
借入限度額500万円
無利息期間30~180日間
融資までにかかる時間最短1時間
申込条件20〜70歳

レイクALSAは、新生フィナンシャル株式会社が提供するカードローンです。

申し込みから借入までの手続きがWEBで完結するので、来店や郵送は不要
さらに最短1時間で融資可能なため、急いでいる時にも便利です。

また5万円までなら180日間無利息で借りられるので、少額融資を希望する方にピッタリと言えます。

「無利息期間を長くしたい」方は、レイクアルサへの申し込みを検討してみてください。

<中小消費者金融>おすすめカードローン会社3選

中小規模の消費者金融は独自の審査基準を持っているため、大手消費者金融に落ちた人でも審査通過できる可能性があります。

中小消費者金融でおすすめのカードローンは以下の3社です。

知名度は低いものの、すべて正規の貸金業者なので初めての人も安心して利用できます。

【セントラル】平日14時までの申し込みで即日融資対応

セントラルのLP
(出典:セントラル公式HP)

金利(実質年率)4.80~18.0%
借入限度額300万円
無利息期間30日間
融資までにかかる時間最短即日
申込条件20歳以上

セントラルは昭和48年創業、愛媛県松山市に本社がある中小消費者金融です。
安定した収入があればフリーターや主婦も申し込めるので、審査難易度は高くないと言えます。

また平日14時までなら即日融資も可能なため、急いでお金を借りたい人にもおすすめです。
さらに契約日から30日間無利息期間があるので、金利も大手とほぼ変わりません。

全国にあるセブン銀行ATMで借入・返済ができるため、利便性が高い金融会社でしょう。
※手数料が発生するためご注意ください。

\即日融資可!来店も不要/
セントラル
に申し込む

セントラル公式サイト
https://011330.jp

【AZ株式会社】WEB申し込み可能で郵送物がない

azのlp
(出典:AZ公式HP)

金利(実質年率)7.0~18.0%
借入限度額300万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短即日
申込条件20歳以上

AZ株式会社は、京都府京都市に本社がある中小消費者金融です。
申し込み手続きはWEBで完結するため、自宅に郵便物が届く心配がいりません。

審査は最短30分で終了し、平日・土曜とも16時までの申し込みなら即日融資も可能です。

またインターネットバンキングを使った返済ができるなど、大手に引けをとらないサービスを利用できます。

「自己破産の免責直後でも通過できた」という口コミもあるため、信用情報に自信がない人もチャレンジしてみましょう。

【フクホー】柔軟に審査を行ってくれる

フクホーlp
(出典:フクホー公式HP)

金利(実質年率)7.3~18.0%
借入限度額200万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短即日
申込条件20歳以上

フクホーは昭和42年創業、大阪に本店を置く中小消費者金融です。

ウェブサイトで申し込みを受け付けていますが、契約するには郵送手続きが必要となります。
ただ契約書はコンビニで受け取れるため、家族や同居人にバレる恐れはありません。

また店頭での契約であれば、即日融資も可能です。

現在の返済能力に問題がないと判断されれば、審査に通れる可能性が高いでしょう。

<銀行系カードローン>低金利で人気のローン8選

銀行系カードローンは、消費者金融に比べて低金利な特徴があります。

以下では、特におすすめの銀行カードローン8社を並べました。

なるべく金利を抑えてお得に借入したい方は、ぜひ確認してみましょう。

【楽天銀行スーパーローン】楽天利用者におすすめ

(出典:楽天銀行公式

金利(実質年率)1.9~14.5%
借入限度額800万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間数日
申込条件20~62歳

楽天銀行スーパーローンは、実質年率1.9~14.5%と低金利です。
楽天会員のランクによって、審査優遇サービスや楽天ポイントのプレゼントがあります。

2社ある保証会社のうち1社に通れば承認となるので、審査難易度はそれほど高くありません。
さらに申し込みから借入までスマホで完結するため、スムーズに手続きを進められます。

日頃から楽天サービスを利用する方にとっては、メリットの多いカードローンでしょう。
また学生・アルバイトはじめ、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も借入可能です。

\WEBで完結!かんたん申し込み/
楽天銀行カードローン
に申し込む

楽天銀行公式サイト
https://www.rakuten-bank.co.jp/

【三井住友銀行カードローン】ローン契約機から申し込み可能

三井住友銀行LP
(出典:三井住友銀行カードローン公式HP)

金利(実質年利)1.5%~14.5%
借入限度額800万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短翌日
申し込み条件20~69歳

キャッシュカードの借入ができる「三井住友銀行カードローン」。
三井住友銀行の普通預金口座を持っていれば、入力内容も少なく簡単に申し込めます。

ローン契約機でも手続きできる他、カード受け取り後は契約極度額の変更も可能です。
ローン契約機検索はこちら

SMBCダイレクトでは、利用残高・契約極度・利息を確認できるのでぜひ活用しましょう。

【オリックス銀行カードローン】提携ATMが多い

オリックスlp
(出典:オリックス公式HP)

金利(実質年率)1.7~17.8%
借入限度額800万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間数日
申込条件20~69歳

前提として、オリックス銀行カードローンは他社と比べると上限金利が高めです。

しかしカードローンは、金利が低いほど審査が厳しくなる傾向があります。
従って金利が高いオリックス銀行カードローンは、比較的審査に通りやすいと言えるでしょう。

また口座開設不要で利用できる点も魅力的なポイントです。

金利よりも審査通過を重視」したい方は、ぜひ利用を検討してみましょう。

【新生銀行スマートカードローン プラス】提出書類で在籍確認

新生銀行スマートカードローンlp
(出典:新生銀行公式HP)

金利(実質年率)4.5〜14.8%
借入限度額500万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短翌日
申込条件20〜70歳

新生銀行スマートカードローンプラスは、専業主婦や年金受給者も申し込み可能なカードローンです。

申込者の対象範囲が広いことから、比較的審査に柔軟と言えます。

また審査担当者に直接相談すれば、書類提出で在籍確認をクリアできることも。
契約はWEB上で完結する他、最短30分ほどあれば審査結果を受け取れるでしょう。

口座がなくても申し込めますが、あればカードレスで深夜の時間帯の借入も可能です。

「会社への電話を避けたい」方にピッタリのカードローンでしょう。

【住信SBIネット銀行カードローン】スマホアプリで契約できる

住友SBIネット銀行
(出典:住信SBIネット銀行公式HP)

金利(実質年率)1.59~14.79%
借入限度額10~700万円(スタンダードコース)
無利息期間なし
融資までにかかる時間数日
申込条件20~65歳

住信SBIネット銀行カードローンは、自営業・パート・アルバイトも申し込み可能です。

公務員や年収400万円以上・勤続年数が長い方は、0.99~7.99%と超低金利の「プレミアムコース」が適用となります。

適用条件は厳しいですが、年収や属性に自信がある方にはお得なカードローンです。

またキャッシュカードにカードローン機能が付属しているため、自宅にカードが届くこともありません。

ただスマホアプリで完結できるものの、予め住信SBIネット銀行の口座を開設しておく必要があるので注意しましょう。

【みずほ銀行カードローン】在宅ローン利用中だと金利がお得

金利(実質年率)1.5~14.0%
借入限度額800万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間数日
申込条件20~66歳

みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードで借入できるカードローンです。

申し込みはWebで完結するため、 自宅に郵送物が届く心配はいりません。
また上限金利も低めに設定されているので、利息を抑えやすいです。

さらにみずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、金利が年率0.5%引き下げられます。
お得に利用したい方は、みずほ銀行カードローンを選ぶのも一つの手でしょう。

【セブン銀行カードローン】キャッシュカードで借り入れできる

セブン銀行のLP
(出典:セブン銀行公式HP)

金利(実質年率)14.0~15.0%
借入限度額初回50万円、増額時100万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短2営業日
申込条件20〜70歳

セブン銀行カードローンは、在籍確認なしで借りられる数少ない銀行カードローンです。
配偶者に収入があれば、専業主婦でも借り入れすることができます。

また手持ちのキャッシュカードで借入できるので、手元に届くまで待つ必要はありません。

初回は最大50万円と少額融資ですが、口座がある方なら最短2営業日で借りられます。
ただし土日は審査不可のため、融資を急ぐ場合は平日に申し込みを済ませておきましょう。

【イオン銀行カードローン】上限金利が13.8%とかなり低い

イオンカードローンLP
(出典:イオン銀行公式HP)

金利(実質年利)3.8%~13.8%
借入限度額800万円
無利息期間なし
融資までにかかる時間最短5日
申し込み条件20~65歳

イオン銀行カードローンの特徴は、上限金利が13.8%と低いことです。
年中無休で審査を行っている他、審査完了後約5日でカードを受け取れます。

また提携ATMもイーネットATMやローソンATMなど数多く、手数料無料で利用可能です。

ただし即日融資には対応していないので、緊急でお金が必要な方は注意しましょう。

イオン銀行カードローンは、「利息を減らしたい」方にぴったりのカードローンです。

カードローンに申し込んで審査落ちする理由

カードローンの審査で落ちる方には、以下のような共通点がみられます。

すでにカードローン審査で落ちた方は、上記に該当する項目がないかチェックしましょう。

安定した収入がない

安定した収入がない収入がない・収入が不安定だと返済能力がないと判断され、審査落ちする恐れが高いです。
カードローンの審査に通るには、安定的な収入源があることが必須項目となります。

特に以下に該当する場合、カードローンの審査通過は難しいでしょう。

  • 無職
  • 収入がない学生
  • 年金だけで生活している
  • 生活保護受給者
  • 転職を繰り返している
  • 勤続年数が少ない

パートやアルバイトによる毎月5万円程度の収入であっても、6カ月以上継続した収入があれば通過できる見込みはあるでしょう。

他社借入額が総量規制に抵触している

他社借入総額が年収の3分の1を超える場合は総量規制に抵触するため、審査に落ちる可能性が高いです。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、上限がないわけではありません。

すでに複数の貸金業者からお金を借りている方は、3分の1を超えていないか確認しておきましょう。

ブラックリスト入りしている

ブラックリスト入り前提として、一度金融事故を起こした方はブラックリスト入り状態になっています。

以下のような過去があると、ブラックリストに入っているため審査に通りにくいでしょう。

  • 3カ月以上の滞納歴
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 保証会社による代位弁済歴
  • カードの強制解約歴

カードローン会社による審査では、必ず信用情報をチェックします。
CICなどの個人信用情報機関に記録が登録されている期間は約5〜10年間ほど。

依頼すれば信用情報を掲示してもらえるため、不安な方は事前に確認しておきましょう。

多重申込している

短期間で複数申し込んでいる方は「多重申込」とされ、審査に落ちやすくなります。
いくつかの金融機関へ申し込むことで、「よほどお金に困っている」と疑われるのです。

カードローンへ申し込んだデータは、信用情報機関に6カ月間保存されます。
明確な基準はないものの、1カ月に3社以上申し込むと危険視されやすいため要注意。

カードローンへの申し込みを検討している方は、なるべく一社に絞りましょう。

カードローンの審査に落ちないポイント3つ

以下では、カードローンの審査に通過するためのポイントをまとめました。

これらのコツを抑えた上で、自分に合ったカードローンへ申し込みましょう。

正確な情報を記入する

カードローンへ申し込む際は、正しい情報を記入しましょう。
返済能力を高く見せるため年収などで嘘を記載しても、すぐにバレる確率が高いです。

虚偽の情報で申し込むと審査落ちで留まらず、二度と利用できなくなる恐れもあります。

申し込みフォームには正直に記入して、誤字脱字がないかも念入りに確認しましょう。

借入希望額を低くする

カードローンへ申し込む際は、なるべく借入希望額を低く設定しましょう。
カード会社の貸し倒れするリスクが少なくなるので、審査に通過しやすくなります。

具体的に最初の借入希望額は、10万円以内に設定するのがおすすめです。

借入限度額は後から増やすことも可能なため、まずは審査通過を最優先に考えましょう。

事故情報が消えるまで待つ

すでにブラックリストに入っている方は、個人信用情報機関から事故情報が消えるまで待ちましょう。

事故情報の保存期間は5~10年ほどで、期間が過ぎれば自動的に消去されます。

データさえ消えてしまえば、金融事故の過去があっても審査に通過することは可能です。

カードローン審査に落ちても闇金には手をだすな!

闇金には手を出すなカードローンの審査に落ちたからといって、闇金を利用することは厳禁です。

闇金を一度でも利用すると、以下のようなトラブルが発生します。

  • 法外な高額利息を請求される
  • 脅迫まがいの悪質な取り立てをされる
  • 家族や職場に借金の催促が行われる
  • 個人情報流出の危険性がある

闇金は貸金業法を守らない違法業者のため、悪質な取り立て・個人情報が流出する危険性があります。

広告・宣伝で「審査が緩い」「ブラックでも借入OK」「審査なしで融資できる」など、誇張された表現を使う会社には注意しましょう。

どんなに資金不足で悩んでいても、闇金には絶対に手を出さないでください。

カードローン共通の審査基準を押さえることが大事!

冒頭で申した通り、必ず審査に通るカードローンは存在しません
ただし今回ご紹介したコツを事前に知っておけば、借入できる可能性が高まります。

審査基準や審査落ちする人の特徴を今一度確認し、カードローンへ申し込んでみましょう。