本ページはプロモーションが含まれています

カードローン

カードローンの審査で嘘をつくとどうなる?他社借入や信用情報など項目別に紹介

カードローンの審査で嘘をつくとどうなる?他社借入や信用情報など項目別に紹介
本ページはプロモーションが含まれています

「今の年収だと審査に落ちそうだから、少し多めに申告しようかな」
「審査に受かりたいから、他社からの借入は隠しておこう」

カードローンの審査を受ける際、上記のように考える方も多いはず。
ただしカードローンの審査で嘘をついても、見抜かれる可能性が非常に高いです。

今回はカードローン審査で嘘をつくとどうなるのか詳しく解説いたします。
カードローンの審査で少しでも嘘をつこうとしている方は、必ず事前にお読みください。

\嘘をつく必要なし/
【アイフル】(出典:アイフル公式HP) 

アイフルは認知度があり成約率37.0%と高い、人気の大手消費者金融です

原則として職場への電話連絡がないので、勤務先に利用を隠せます。
また自宅への郵送物もなくせるため、家族にバレたくない人にもおすすめです。

毎月安定した収入があれば、パートやアルバイトでも利用できるでしょう。

 

\WEB申し込みなら最短25分で融資可/
アイフル
に申し込む

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

カードローン審査でよくある嘘とバレる理由

カードローン審査でよくある嘘とバレる理由

カードローンの審査で嘘をつきがちな項目は以下。

  • 氏名や年齢
  • 年収(収入)
  • 勤務先
  • 他社借入件数・他社借入残高

結論から言って、どの虚偽申告をしても審査担当にバレます。
カードローンの審査には、申告された情報が正しいか精査する工程があるためです。

カードローン会社を騙すのは非常に難しいといえるでしょう。

「氏名・年齢」は本人確認書類でチェック

何らかの理由から、氏名や年齢の詐称を考える方もいるでしょう。

特にカードローンには対象年齢が定められています。
各業者によって詳細は異なりますが、一般的には以下の場合が多いです。

  • 銀行カードローン:満20歳以上、満64歳以下
  • 消費者融資カードローン:満20歳以上、満69歳以下

ただしカードローンの申し込みには、本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード等)の提出が必要です。

氏名や年齢を偽ったカードローンの申し込みは不可能と考えましょう。

「年収(収入)」は収入証明書で確認

審査通過できるか不安で、年収を少し高めに申請する方も多いようです。

ただしカードローン会社では、返済能力の調査賃金業法で定められています。
申込時に収入証明書の提出が必要な場合が多いので、隠すことは困難でしょう。

※収入証明書:所得証明書・課税証明書・源泉徴収票といった書類の総称

収入証明書が必要なケース(例)
  • 消費者金融(賃金業者)から50万円を超える借入を行う
  • 複数の消費者金融から借入があり、新規借入で総額100万を超える
  • 各カードローン会社が規定する借入金額を超える
  • カードローン会社が収入証明書の提出を求む

基本的に返済能力は年収だけでなく、他の要素も含めて総合的に判断されます。
収入が少ない方でも、審査に受かる可能性は大いにあるのでご安心ください。

「勤務先」は信用情報によってバレる

カードローンの審査では、勤務先や雇用形態・職業・勤続年数も偽装されがちです。
特に水商売で働く方が気にする傾向にありますが、信用情報によってバレるでしょう。

カードローン会社は審査時、照会のため個人信用情報機関に問い合わせを行います。

また無職で収入がない方は条件を満たせないため、嘘はつかず申し込みを諦めてください。

カードローン利用中に退職したらバレる?

結論から言って、黙っていてもいずれバレるでしょう。

貸金業法の関係上、一般的なカードローンでは収入証明書の提出が必要です。
多くの借入をしている場合は、数年に1度など一定期間ごとに求められます。

隠していると契約違反とみなされ、一括請求・利用停止となる可能性も。

カード会社との関係は信用で成り立っていると考え、必ず報告しましょう。

「他社借入件数・他社借入残高」は信用情報を調査

カードローンの審査では、他社からの借入件数や借入残高の嘘も信用情報からバレます。

信用情報には借入全般の履歴が記載されているためです。

すでに総量規制に抵触するほど借入している場合、新規の申し込みは控えましょう。
※総量規制:申込者の返済能力を超えないよう融資の総額を年収の3分の1まで制限している規制

カードローン審査への嘘が発覚した時の処遇

カードローンの審査で嘘をつき、バレた場合は以下のような処置が施されます。

申込時に隠し通せても必ずいつかバレるので、正直に伝えることをおすすめします。

審査落ちする

前提として、カードローンの審査では返済能力を確認すると同時に利用者の信用度をみています。

審査の途中で虚偽申告がバレた場合は即審査落ちとなるでしょう。
場合によっては、私文書偽造罪に問われる可能性もあるので注意してください。
※私文書偽造罪:権利・義務に関わる私文書を偽造・変造する罪

また審査結果が出る前であれば、情報の修正も可能です。
すでに嘘の申告をしてしまった方は、申し込み先に電話をかけて修正を依頼しましょう。

一括返済を求められる

契約後に虚偽が発覚すると、一括返済を求められる可能性が高いです。
というのも業者によりますが、契約後も定期的に調査を実施しているケースがあります。

応じないと後述するような法的措置を取られることもあるので、審査通過前より厳しい罰則があると認識しましょう。

カードを強制解約させられる

カードを強制解約させられる

嘘がバレると強制解約され、今後同じカードローンに通過しにくくなります。
少なくとも以後5年間、ローンを組むことはできないでしょう。

またブラックリストに載る上に金融事故として扱われ、信用情報に傷がつきます。

どのカードローンを利用する時も、個人信用情報は必ず確認されるもの。
他社のカードローン審査にも影響を及ぼしかねません。

詐欺罪で逮捕される(アリバイ会社利用の場合)

アリバイ会社(代行業者)を使った書類偽造・在籍確認の対応は詐欺罪にあたります。
※アリバイ会社:身分を偽造するサービスを行う会社

カードローン会社では過去の事例からアリバイ会社のリストを共有しているので、バレる可能性が非常に高いです。

そもそも在籍確認を行う目的は、申込者に安定した収入があるかの確認。
原則として、在籍確認をなしにすることはできません

勤務先への電話連絡に懸念がある方は、電話なしのカードローンを選びましょう。

【詳細記事:在籍確認の代行(アリバイ会社)は使うな!電話連絡なしで融資を受けられるカードローンを紹介

ミスが「嘘」と判断されるケースも!2つの注意点

カードローンに申し込む際は、特に以下の2点を意識しましょう。

  • 入力ミスがないか入念に確認する
  • 他社借入件数や総額を事前に把握

例え悪意がなくても嘘かと疑われてしまうので、申し込む前に一度確認しておきましょう。

入力ミスがないか入念に確認する

カードローンは、スマホやパソコンから手軽に申し込みが可能です。
だからこそ入力項目にミスがなく、正しい情報か確認しながら進める必要があります。

特に年収の桁数など、数字関係の入力項目は慎重に記入しましょう。
返済能力に関する項目は、有利にするために嘘をついたとみなされやすいので要注意です。

また万が一、誤入力に気づいた場合はすぐに連絡しましょう。

他社借入件数・総額は詳細に把握しておく

他社からの借入状況は、間違わないよう詳細に把握しておきましょう。

業者によっては申告不要の場合もあります。

他社の借入消費者金融への申し込み銀行系カードローンへの申し込み
消費者金融
銀行系カードローン×
銀行の目的別ローン×
信販会社の目的別ローン
キャッシング枠
(クレジットカード)
ショッピング枠
(クレジットカード)
××

(申告が必要=〇/不必要=×)

ショッピング枠は割賦販売の対象になるため、いずれも申告は不要です。
※割賦販売:分割払いで商品を販売すること

住宅ローン・車のローンは含まれる?

他社借入として住宅や車のローンを申告するかは、業者によって異なります。

  • 大手消費者金融(アコムやアイフル等):申告の必要なし
  • メガバンク(三井住友銀行やみずほ銀行):必要となる場合もあり

申込時は念入りに、申込フォームにある他社借入の欄を確認してください。

また後から申告漏れに気づいた時は、申し込み後でも修正可能です。
各カードローン会社のフリーコールにかけて、情報の修正を依頼しましょう。

カードローンの審査に不安を感じ嘘をつく必要はない

カードローンの審査に不安を感じ嘘をつく必要はない

カードローンの審査は、厳しいというイメージを持っている方も多いでしょう。
ただし以下の条件をクリアしていて返済能力があれば、虚偽申告をする必要はありません。

  • 提示している年齢条件
  • 安定した収入がある
  • 信用情報に金融事故録がない

これらを全て満たしている方なら、審査落ちの可能性は限りなく低いでしょう。
成人していて毎月収入がある場合は、自然とクリアできているはずです。

また最新の統計としても、新規申込者の2人に1人は審査に通過しているといえます。

成約率
アイフル37.0%(※1)
アコム42.0%(※2)
プロミス37.3%(※3)

(※1)アイフル月次推移(※2)【アコム】マンスリーレポート
(※3)【プロミス】SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標

申込者を金融事故録がない人だけで絞れば、審査通過率はもっと高いはずです。
カードローンに申し込む際は審査落ちを恐れ過ぎず、正しい情報を申告しましょう。

カードローンの審査に通りやすくなるポイント

よりカードローンの審査に通りやすくするには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 収入に合った希望限度額を申請する
  • 自分に適したカードローンを見極める
  • 審査通過率が高いカードローンを選ぶ

収入面に不安がある方は、設定されている最低借入限度額で申し込むのがおすすめ。

また専業主婦でも利用可・年金も収入に計測するタイプなど、様々なカードローンが存在します。
利用会社を選ぶ際はしっかり下調べして、自分に得があるカードローンを見極めましょう。

さらに一般的にみて審査通過率が高いカードローンを選択するのも一つの手です。

審査で嘘をつく必要がないおすすめのカードローン2社

大手消費者金融の中でも、おすすめのカードローンを2社ご紹介いたします。

成功率が高かったり、アルバイトやパートでも審査通過が望める会社を選択しましょう。

「アイフル」なら在籍確認なしで申し込み可能

アイフルでは、パートやアルバイトといった収入が少ない方でも融資を受けられます。
しっかり働いて収入さえ得ていれば、お金を借りることが可能です。

※年金や生活保護のみで生計を立てている場合は収入として認められません。

また前述した通り、在籍確認なしで契約できるのも嬉しいポイント。
職場や家族に利用がバレたくない方にぴったりのカードローンです。

ただし年収が少ないと、高額のお金は借りられないケースもあるのでご注意ください。

\在籍確認なしで申し込み完了!/
アイフル
に申し込む

アイフル公式サイト
https://www.aiful.co.jp/

「プロミス」は上限金利が他社より低い


(出典:プロミス公式HP

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスはアイフル同様、主婦・パート・アルバイトでも申し込めるカードローンです。

複数の消費者金融で借入している状態でも、審査に通る見込みがあります。
※他社利用でも審査可能ですが、申込者の状況によって利用いただけない場合もあります。

審査の不安要素が他社借入の方は、ぜひプロミスにチャレンジしてみてください。

ただし金融事故の経験があると、審査落ちするリスクもあると認識しておきましょう。

消費者金融に不安感を抱く方もいますが、プロミスはSMBCグループのため安心です。

\WEB申し込みなら来店不要/
プロミス
に申し込む

プロミス公式サイト
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

【関連:審査が甘いカードローンはある?おすすめの消費者金融・銀行系カードローンを紹介します

カードローンの審査には正しい情報を提示しよう

繰り返しになりますが、カードローンへ申し込むときは正しい情報を記入しましょう。

万が一、偽りの情報提示により一括請求に繋がったら今後の人生が狂いかねません
どんなに苦しい経済状況でも、カードローンの審査で嘘をつくのはやめましょう。

審査が不安な方は、前述した「アイフル」か「プロミス」の利用を検討してください。